ホーム » 2020 » 8月 » 30

日別アーカイブ: 2020年8月30日

バストアップのためのトレーニング

バストアップに必要不可欠な成分にボロンと呼ばれる栄養素があります。このボロンはキャベツに多く含まれています。このボロンは女性のホルモンのエストロゲンの促進を促すためバストアップの効果に期待ができます。ボロンの必要とされる量はおよそキャベツ1個分と言われています。

可能ならば1日1個のキャベツを食べて行けばバストアップの効果が期待できるのでぜひ食べて頂きたい食べ物です。これに加えてバストアップブラの着用も必須となります。バストアップブラは背中やお腹などの余った脂肪をバストに集めることでバストアップの効果が期待できるのです。身体にバストアップブラがフィットしていることが重要です。ただし間違った着用の仕方をすると逆効果になるため注意が必要です。それとバストアップブラには使用期間があります。およそ100回くらいなので無理せず交換しましょう。さらにバストアップするために効果的なのは、何といってもバストアップに特化したトレーニングでしょう。さらにバストアップには、バストのマッサージも重要です。

このあたりは書籍などで詳しく書かれているので目を通して下さい。さらにバストアップのためのDVDなども発売されています。内容はバストアップのために必要なトレーニングやマッサージ、食生活から普段の生活スタイルまで詳しく解説しています。バストアップ専門のトレーナーやグラビアモデル監修のもとで作成されているのでDVDのとおりトレーニングをしていけば、バストアップは可能でしょう。ただしそのためには、継続することが大切です。

継続は力なりという言葉があるように継続無くしてバストアップはできません。ぜひあきらめないでバストアップのためのトレーニングを継続して下さい。バストアップに効果的なものには、バストアップサプリメントというものが発売されています。バストアップに必要な成分がふんだんに含まれています。先ほど挙げたボロンなども当然含まれています。サプリの大きさは小さい物ですがその小さい粒にはバストアップに必要な成分が凝縮されているので、バストアップサプリメントを使うのもバストアップの近道です。
参考サイトはコチラ

個人的にオススメなのは脱毛クリームです

ムダ毛と言うくらいだから本当にもう嫌だ!なんでムダ毛なんて生えてくるの?なんて悩んでいる方も多いと思います。だからと言ってもなかなか脱毛サロンに通う勇気?がない方もおられます。

まして永久脱毛となると医療行為になるわけで、自由診療の為に健康保険が当然使えません。値段も数百万くらいになると聞いたことがありますが、やはりそのあたりは自由診療なので病院によって値段も違うでしょう。もちろん脱毛サロンにしてもピンからキリまであるわけで値段もそれぞれ違うわけです。永久脱毛を医療機関で行うか、脱毛エステで数回に渡って少しづつ除毛していくという違いはあるにせよ、通わなくてはならないという事実はあるわけです。通わずに脱毛するとなると自力で家で脱毛することになるのですが、この場合はやはり自己責任の部分が大きいわけです。

ただ例外として家庭用脱毛器を購入して正常な使い方をして機械の故障により何らかの怪我をした場合が証明出来た場合はメーカー側の責任があるわけです。自分で脱毛するパターンとしては、今あげた家庭用脱毛器や脱毛ワックス、脱毛クリームそしてカミソリで除毛するというのが一般的なのではないでしょうか?

自力で脱毛する場合はどれも一長一短あるわけです。おそらく一番楽で手間がかからないのが家庭用脱毛器でしょう。ただ値段はどれマチマチで値段が高いから良くて値段が安いのでダメというわけではないようです。ただ注意しなくてはいけないのは、アマゾン等で発売されている正体不明のメーカー製の商品でしょう。

この場合は、ほとんどが海外製のためにトラブルも多々あり保証がきかない場合があったり、何かあった場合に業者と連絡とりたくても取れなかったこともあるため口コミ等をよくチェックしておくことをオススメします。個人的にオススメなのは脱毛クリームです。除毛クリームと呼ばれることもあります。手軽でドラッグストア等で簡単購入できるのも魅力です。
参考サイト

ファンデをやめたらファンデ塗るより肌が綺麗になった

メイクには必ずと言っていいほどファンデーションが使われますが、身をもって知ったのがファンデを使わずとも肌がきれいになるということです。
なんならファンデ塗ってる時より肌の調子が良くなることがあります。

「塗る」という意味ではファンデは肌を美しく見せてくれるのですがその分油分が含まれていて肌に負担がかかります。
ファンデーションが悪いというわけではなく、要は使い方なのですがファンデを塗ることで肌の色ムラや荒れが隠れるので
落とすまでの間は肌がきれいな状態でいられます。

一方、落とすまでの間は毛穴がふさがっているのでそういった意味では負担になります。

もともと肌荒れしやすい体質の私ですが、最近は自粛期間で外に出ることも減り
出たとしてもマスクをして顔の下半分が隠れるのでメイクを以前ほどしっかりしなくなり
必要最低限の事だけして外出することが増えています。

ファンデを使わない代わりに使い始めたのが日焼け止めとベビーパウダーです。
日焼け止めは絶対に焼けたくないので使い、その上からベビーパウダーを軽くはたいて終わりです。
なぜベビーパウダーなのかと言うと300円程度で買えて、内容量も軽く50gは入っており(大体の固形ファンデは10グラム、リキッドなら30ミリリットルほど)
大して隠すということに重点を置いているわけでもなく汗止めになればいいな程度…というと、ベビーパウダーがちょうどいい感じです。

以前はスキンケア→化粧下地→コンシーラー→ファンデと塗るものが多かったのですが
今はスキンケア→日焼け止め→ベビーパウダー で終わるため毛穴の負担が減って皮膚呼吸がスムーズになり
色々と塗って肌をきれいに見せていた時期より調子がいいという状態になっています。

ベースメイクをちゃんとしていたころよりかは確実にカバー力は劣ります。
シミは全然隠れませんし、ニキビ跡も見てわかる状態です。
ですが、これもまた外へ行くときはマスクで隠れてしまうのでそんなに問題視はしておらず自粛期間が終わるまではしばらく最低限のメイクの状態でいようかなと考えています。
ピールショット